トビオのじぶん年金便り📨

米国株🇺🇸、国内株🇯🇵、REIT、ソーシャルレンディングに投資しています。定年後生活への備えとして『じぶん年金💰』作りを目指します!

Jリート:東証REIT指数連動ETF【1343】と【1345】のトータルリターンを比較!

f:id:ohzoratobio:20190518150808j:plain
東証REIT指数に連動するJリートETFの中で野村アセットマネジメントの【1343】と日興アセットマネジメントの【1345】の2つは、いずれも純資産総額が大きく日々の出来高も多い代表的なJリートETFです。

今回は、分配金利回り、プライスリターン、分配金も含めたトータルリターンを比較して、両者にどの様なパフォーマンス上の違いがあるのかを明らかにしたいと思います。

 

 

基本スペック

最初に、【1343】と【1345】の基本スペックを下表に示しておきます。

両者の違いで特徴的なのは、売買単位と分配頻度です。

f:id:ohzoratobio:20190503163639j:plain

 

パフォーマンス比較

分配金利回り

2019年4月26日の基準価額と直近1年間の分配金から算出した利回りは、【1343】が3.30%、【1345】が3.42%です。

【1345】の方が1.04倍だけ分配金利回りは高いです。

 

プライスリターン

直近10年間の市場価格の騰落率(プライスリターン)を比較したものが以下のチャートです。

冒頭に述べた様に、【1343】が【1345】をアウトパフォームしています。

10年間プライスリターンの値は、【1343】が132%、【1345】が123%です。

【1343】の方が1.07倍だけプライスリターンは高いです。

f:id:ohzoratobio:20190503164515j:plain

(出所:Yahoo Finaceサイト)

 

トータルリターン

課税前の分配金を再投資した前提で算出した直近10年間のトータルリターンを比較したものが以下のチャートです。

f:id:ohzoratobio:20190518150926j:plain

【1343】が237%、【1345】が233%で、1.02倍だけ【1343】の方がトータルリターンは高いですが、プライスリターンと比べると両者の違いはだいぶん縮まっています。

次に、5年間トータルリターンについても見ておきましょう。ご覧の様に、両者のチャートはほぼ重なっています。

f:id:ohzoratobio:20190518150956j:plain

10年間で1.02倍ですから、トータルリターンでは両者に違いは殆どないと言っても良いと思います。

 

まとめ

東証REIT指数に連動する代表的な2つのETF【1343】と【1345】について、分配金利回り、プライスリターン、トータルリターンを比較した結果をまとめると以下の通りです。

  • 分配金利回りは【1345】の方が1.04倍高い。
  • プライスリターンは【1343】の方が1.07倍高い。
  • 配当再投資前提のトータルリターンについては、【1343】と【1345】にほとんど差はない。

したがって、【1343】と【1345】のパフォーマンス上の違いは、【1343】の方が僅かにキャピタルゲイン寄り、【1345】の方が僅かにインカムゲイン寄りと言えそうですが、トータルリターンでは両者にほとんど差はないという結論です。

また、両者のうち投資対象としてどちらを選ぶかについては、基本スペックにおける両者の違いである『売買単位』と『分配頻度』によって決めることになると思います。

 

なお、【1343】および【1345】の個別記事もありますので、よろしければご覧ください。↓

 

investment.tobio.cloud

 

investment.tobio.cloud

 

それでは、また!