トビオのじぶん年金便り

定年後の生活に備えて米国株投資を始めました。高利回りのポートフォリオで自分年金作りを目指していきます。

国内ETFポートフォリオで毎月の分配金を平準化する方法!

f:id:ohzoratobio:20181115231554j:plain

こんにちは。大空トビオです。

以前、高配当株とREITに投資する3つの国内ETFを組み合わせて、毎月分配型の高配当ポートフォリオを作る記事を書きました。その時のポートフォリオの3銘柄は下表に記す銘柄でした。

f:id:ohzoratobio:20181116235709j:plain

今回はその続きとして、毎月の分配金の凸凹を極力無くして平準化しようという試みです。

(前回記事は以下リンクです)

investment.tobio.cloud

 

前回の3銘柄ETFポートフォリオの課題

前回のポートフォリオの課題は、毎月分配とは言うものの月毎の分配金バラツキが大きいことでした。

例えば、年間100万円を3銘柄に均等に投資した場合に得られる月次分配金を試算すると以下の様な感じになります。(100万円を2018/10/15終値と同額で3銘柄に1年間投資し、2017/10〜2018/9の分配金実績と同額の分配があったと仮定して算出しています)

f:id:ohzoratobio:20181116235837j:plain

 

ご覧のように、年間4回分配する銘柄であっても4回均等ではないため、月毎のバラツキが大きいですよね。

 

月次分配金を平準化した6銘柄ETFポートフォリオ

前記の様な理由で月毎のバラツキが生まれるので、単に構成3銘柄への資金配分を調整するだけでは改善しません。やはり分配の少ない1・2・7・8月を補充する必要があります。

また、3・6・9・12月の4ヶ月内での平準化も行うことにしました。

分配金利回りと信託報酬の低さを考慮して選定した今回のポートフォリオが下表です。

f:id:ohzoratobio:20181116235939j:plain

先程と同様に、年間100万円を6銘柄に均等に投資した場合に得られる月次分配金を試算すると以下の様な感じになりました。ずいぶん改善した様に思います。

f:id:ohzoratobio:20181117000035j:plain

 

********************

国内ETFを組み合わせた毎月分配金型ポートフォリオと月次分配金の平準化方法をご紹介しました。いかがでしたでしょうか?

では!

全世界株式型のグローバルファンドが凄いことになっている! 6ファンドのインデックス/内容/コストを比較!

f:id:ohzoratobio:20181115163039j:plain


こんにちは。大空トビオです。

今回は、全世界株式型のグローバルファンドについてです。

トビオは高配当米国株個別銘柄のポートフォリオをメインにして『じぶん年金』作りを目指しています。ですが、米国一辺倒によるリスク集中に対しては、どのようにリスク分散を図ればいいのかも並行して考えてきました。ひとつとして日本株とJリートのETFの組み合わせによるポートフォリオもサブとして加えていますが、更に国際分散によるリスク分散を強化するために、全世界株式型ファンドの組入も検討しています。

 

検討対象のファンドはETFではなく通常の投資信託です。その理由としては、まとまった投資資金はどうしてもメインの米国個別銘柄ポートフォリオの方に投入したいので、サブの位置付けのこちらへは少額ずつしか資金投入できないためです。また、日本を除く外国株式へ投資するファンドは多くありますが、今回の検討対象としては、日本を含む全世界へ投資するものに限定しました。先進国/新興国/日本の株式保有比率調整を自分で行う手間がかからない簡便な方を優先したからです。

 

それでは、どのファンドを選ぶべきかを決めるために全世界株式型のファンドを比較検討しましたので、その内容をご紹介します。

 

全世界株式型の6ファンドの比較

検討対象は次の6ファンドもありました! 最近まで全世界株式型のファンドとしては【楽天VT】くらいしか知らなかったのでますが、いつの間にやら増えています! 低コストの米国株ファンドが最近増えていることは知っていましたが、全世界株式型もかなり盛況のようです。

 

①楽天・全世界株式インデックス・ファンド【楽天VT】

②SBI・全世界株式インデックス・ファンド【SBI雪だるま全世界】

③eMAXIS Slim全世界株式【eMAXIS全世界】 

④eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)【eMAXIS全世界3均等】

⑤ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)【ニッセイ内外株】

⑥STATE STREET GLOBAL ADVISORS・全世界株式インデックス・ファンド【SSGA世界株】

 

名称が長いので、以降、略称を【楽天VT】の様に記載させていただきます。また、ニッセイから、⑤の兄弟ファンドとして、全世界株式に更に日本および世界のリートも加え5分割均等タイプとしたものも存在しますが、リートが含まれているため今回の比較対象からは除外しています。

 

①〜⑥のベンチマーク、構成内容、信託報酬、純資産等の相違点を抽出し下表にまとめました。 

f:id:ohzoratobio:20181115224544j:plain

ベンチマーク違いでは3タイプ!

6つのファンドのベンチマークは3タイプに別れます。

 

(1)「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」をベンチマークするファンド

「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」は、FTSE社が開発した株価指数で、全世界の株式市場の動向を表す時価総額加重平均型指数です。構成銘柄は、米国、欧州および日本などの先進国株式に加えて、中国やインドなどの新興国株式を含み、大型株、中型株および小型株まで網羅しています。約8,000銘柄から構成されており、全世界市場の98%以上をカバーしています。6つのファンドのうち、【楽天VT】【SBI雪だるま全世界】が、これをベンチマークしています。

【楽天VT】は、バンガード社の米国ETF【VT】を投資対象としており、【VT】のベンチマークがそもそも「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」です。

同じインデックスをベンチマークする【SBI雪だるま全世界】の投資対象は、3つのETFから構成されており、そのバランス調整で上位のインデックスをベンチマークするようにしています。

 

(2)「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」をベンチマークするファンド

「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」は、MSCI社が開発した株価指数で、世界の先進国・新興国大型株、中型株で構成されており、構成銘柄数は約2500銘柄です。先のFTSEの指数とは小型株を含まない点が異なりますが、それでも全市場の85%をカバーしており、十分な分散効果が期待できます。【eMAXIS全世界】【SSGA世界株】が、これをベンチマークしています。これらのファンドは、いずれも投資対象が3つのETFから構成されており、個々の構成ファンドがベンチマークするインデックスも同じであるため、ほぼ同タイプのファンドです。

 

(3)合成ベンチマークのファンド

合成ベンチマークは、日本、他の先進国、新興国の各株式が1/3ずつとなるように3つのインデックスを合成したもので、【eMAXIS全世界3均等】【ニッセイ内外株】が、このタイプです。これらのファンドの投資対象も3つのETFから構成されており、個々の構成ファンドがベンチマークするインデックスも同じであるため、ほぼ同タイプのファンドです。

 

ファンドの選択にあたっては、ベンチマークするインデックスの性格の違いから、「FTSE」および「MSCI」の時価総額加重平均タイプと、「合成ベンチマーク」の地域3均等分散タイプのいずれを選ぶか、ということになります。

トビオは、ひとまず時価総額加重平均タイプが無難で、分散を優先するのであれば地域3均等では日本と新興国の比重が高くなりすぎると思っています。この辺りは投資の考え方によってどれを選択するかは変わってくるでしょう。生活基盤のある日本と今後の成長が期待できる新興国を優先して地域3均等タイプを選択する方もいるでしょう。あるいは、構成する3地域の各インデックスが持つリスクと期待リターンから計算上の最適解を選ぶという方もおられるかもしれません。

 

コストでは【SBI雪だるま全世界】が最安!

コストの観点では、後から出たファンドの有利さが目立ちます。ファンドにおけるコストは低いに越したことはありません。【SBI雪だるま全世界】の0.150%、【eMAXIS全世界】と【eMAXIS全世界】の0.15336%がリードしています。この数値は相当低いです! 全世界株式ETFの代表とも言える本家【VT】が0.10%ですから、通常の投資信託で0.15%台は非常に魅力的です! これらのファンドが、【楽天VT】の0.2296%より低コストにできているのは、3つの構成ファンド自体に低コストETFやファンドを持ってきていることが大きいのでしょう。

 

純資産では【楽天VT】がダントツでブッチギリ!

純資産高に関しては、先行の【楽天VT】が約150億円でブッチギリです! 後発ゆえ出遅れている【SBI雪だるま全世界】と【eMAXIS】系が、今後どこまで追い上げることができるのか楽しみです。

 

********************

最終的にトビオは、最も全世界に分散できて、信託報酬が最も低いの【SBI雪だるま全世界】を自分のポートフォリオを埋める最有力候補として選びました。来年のNISA枠で定期購入しようと考えています。

皆さんは、いかがでしょうか?

では!

アメリカ中間選挙が終わって

f:id:ohzoratobio:20181108152123j:plain

こんにちは。大空トビオです。

アメリカ中間選挙も終わり、結果として上院下院はねじれ状態となりましたが、それも想定範囲内。イベント終了によって売買に入りやすい状況になったためか割安になっていた株の買い戻しで米国株・日本株共に大幅上昇となりました。

 

これによりトビオのじぶん年金ポートフォリオも、10月に入ってからの評価損益マイナス状態をかなり回復することができ、まずはひと安心です。もともと確定損益はかなりマイナスだったので、この機会を利用して、中間選挙後に評価損益がプラスとなった銘柄を一部売却することにより確定損益マイナス分の内の幾らかを減らすことも考えています。マイナスの確定損益が減らずにそのままずっと残っているのは気持ち悪いですもんね。

 

今後も株式相場の大きな変動はまだまだあるでしょうが、狼狽えたり浮わついたりすることなく、ブレることのない配当再投資戦略で地道にじぶん年金を積み上げていこうと思います。

また、今回のような急激な株価の乱高下経験も、自分の投資方針をしっかり堅持して乗り越えていくことにより更に骨太な投資方針になっていく気がします!

では!

 

第1回 じぶん年金便り(2018/11運用状況報告)

f:id:ohzoratobio:20181106170251j:plain

こんにちは。大空トビオです。

この8月から米国株を中心にじぶん年金の運用をスタートし、9月から『トビオのじぶん年金便り』と題して本ブログを立ち上げて運用状況を中心に記事を書き始めました。

11月になって漸くポートフォリオも固まり、じぶん年金運営が進みだしましたので、今回は10月末時点での運用状況『第1回 じぶん年金便り』を報告しておきます。

なお11月に少しずれ込んだこともあり、アメリカ中間選挙が直前に迫った11/6時点の状況も付け加えておきます。

①運用資産総額

f:id:ohzoratobio:20181106172623j:plain

まず、2018年10月末時点のじぶん年金の運用資産総額は約812万円。内訳としては、米国株が約770万円、日本株が約36万円、その他として現金と純金ファンドが約6万円です。なお11/6時点では、少し資金を追加投入した結果、運用資産総額は約880万円に増えています。日本株を多めに増やし、全資産に占める比率を10%程度にしていくつもりです。

ご覧の通り運用資産総額はまだまだ少ないですが、ここからスタートということで頑張っていきます!

なお、純金ファンドについては楽天スーパーポイントだけで購入しており、関連記事も書いています。

investment.tobio.cloud

 

②配当収入

f:id:ohzoratobio:20181106172739j:plain

10月の米国株配当収入は、フィリップモリス【PM】と米国不動産ETF【IYR】から受け取った合計$124.5です。日本株配当収入も2710円ありますが、これは以前保有していたイオン株によるものです。

今後、月次配当収入が増えて累積配当収入がドンドン積み上がっていくのが楽しみです!

③ポートフォリオ状況

f:id:ohzoratobio:20181106172502j:plain

ポートフォリオ上位15銘柄は年金運用の主力である『トビオコア15』です。

日本株は、まだまだ投入できる資金が少ないので少額でも分散させやすいETFと投資信託で固めています。

ポートフォリオに関連する記事も書いています。

investment.tobio.cloud

 

investment.tobio.cloud

 

********************

以上、『第1回 じぶん年金便り』でした。

アメリカは今まさに中間選挙のクライマックスで盛り上がってるようですが、結果によって米国株中心のトビオのじぶん年金も大きく影響を受けるのでしょうね。

でも、ここは慌てず冷静に見守ることとします。

では!

勤務先の持株を売却する準備を進めます!

f:id:ohzoratobio:20181104183945j:plain

こんにちは。大空トビオです。

今回は勤務先の持株についてです。

皆さんは持株会をご存知でしょうか? 企業にお勤めのサラリーマンの皆さんはご存知の方も多いでしょう。会社が安定した株主作りのために、社員に定期的な自社株購入を奨励する制度です。

トビオも勤務先の持株会に入って少しずつですが自社株を蓄えてきました。以前に勤めていた会社で持株制度があり、自社株が安いうちから持株会に入り積み立ててきた先輩が持株を売って儲けたという話を聞いて「ヨシッ!自分も」と思い始めました。その会社の持株は一旦売却し多少儲けることができ、その後に転職した新しい会社でも持株制度があったので迷わず始め、大した金額ではありませんが評価額最大の時には数年間で約300万円超に積み上がりました。\(^o^)/

ところが、ここ最近の株価の下落でドンドン下がり始め、瞬間的に200万円を切るところまで下落してしまいました! (ToT)

あの高い時に引き出して売却しておくんだったと悔やんでも仕方ありません。とは言えこのまま放っておくのもどうかと思い、これまで手続きの面倒臭さから放っておいたのですが、いつでも売却できるような準備だけはしておこうと、持株を引き出す決心をした次第です。

 

持株会のメリット

もちろん、持株会にも次のようなメリットはあります。

 

①会社から奨励金が出る。

②ドルコスト平均法で買い付けができるので、高値買いになりにくい。

③給料からの天引きなので、気がつくと溜まっていてウレシイ。

④会社の株価が上がると自分の資産も増えるので、仕事の励みになる。

 

①は実質的なメリットです。持株会というのは大抵の場合、何%かの補助金が会社から出るのでお得に積み立てることができます。トビオの場合は確か3%の奨励金が出ていたと思います。持株会を始めた当時は、ノーロードの投資信託もあまりなく、逆に3%のお金を積んでくれる持株会制度は大変魅力に感じたものです。

②は持株会制度が定額買いであるためです。定額買いだと株価が高い時には少なめに安い時には多めに買うことになるので高値買いになりにくく、定量買いの場合よりも気楽に買い続けることができます。なお、ドルコスト平均法だからと言って、必ずしもリターンが有利になることを保証するものではありません。

③や④も精神的なメリットです。株価が安定もしくは上昇している時は良いのですが、今回のトビオの様に株価の下落局面では、その嬉しさも消し飛んでしまいます。

 

持株会のデメリット

前記の様なメリットはあるものの、リスク分散の観点からは収入に加えて自己の資産も1社に集中してしまう持株会はあまり推奨されていないようです。

例えば、経済評論家の山崎元氏の著書『資産運用実践講座 〜 II 株式投資と金融商品編』の中においても、エンロン社や山一證券などの例を出し「一般的なセオリーとしては、勤務先の株式を買うことはリスクの集中になるのでお勧めできません」と述べられています。

また、最近は個人が株式含め様々な投資対象を選んでリスク分散を図りながら資産運用できる環境が整っています。奨励金が少し出るからと言ってリスクが集中する持株会をあえて利用しなくてもよいのではないでしょうか。今なら、トビオも持株会は最小限にして、一般のノーロードで信託報酬の低い投資信託の積立でもしていたと思います。

 

********************

という訳で、トビオは勤務先の持株を引き出して、いつでも売却できる準備を進めます。タイミングを見て売却したら、じぶん年金ポートフォリオの米国株に資金投入していきたいと考えています。

では!

 

勤務先の確定拠出年金の運用状況をチェックしました!(2018/11/04)

f:id:ohzoratobio:20181104192029j:plain

 

こんにちは。大空トビオです。

久しぶりに勤務先の確定拠出年金の運用状況をチェックしましたので、今回はその内容について報告したいと思います。トビオが転職後に始めた確定拠出年金の状況なので、積立期間はまだ約10年です。

 

 

トビオの確定拠出年金運用状況

【運用商品】

            外国株式インデックスファンド: 100%

           (インデックス:MSCI-KOKUSAI指数)

 

【掛金累計額(運用金額)】

            2,271,000 円(2018/11/04)

 

【時価評価額(年金資産評価額)】

            3,211,602 円(2018/11/04)

    [参考]運用開始来最大

            3,487,181 円(2018/10/05)

 

【評価損益】

           +940,602 円(2018/11/04)

    [参考]運用開始来最大

           +1,223,639 円(2017/12)

 

【通算での運用利回り】

           7.74%

 

通算の運用利回りが7.74%なのでまずまず上手くいっている方だと思っていますが、今年10月に入ってからの株式相場の下落で大きく評価額は減少しています。また評価損益についても最大を記録した2017/12時点から大きく減少しており、+1,000千円の大台を割ってしまう事態になっています。

運用商品については、日本株インデックスや国内/外国債券インデックスのファンドを組み合わせて保有していた時期もありましたが、現在は外国株インデックス一本です。ここ最近の下落に関しては株式に投資する商品ならどれを運用していても同じ結果だったと思いますし、これまでの成績は多分に外国株式インデックスファンドに投資してきたおかげ、特にファンド中の60%以上含まれている米国株のおかげだったと思っています。

勿論、拠出額のうち半分を負担してくれている会社にも感謝していますよ!

 

********************

以上、トビオの確定拠出年金の運用状況でした。

今後は、10%程度を日本株インデックスファンドにスイッチングして運用しようかと考えています。

では!

 

米国株で作るじぶん年金ポートフォリオが『トビオコア15』に拡大しました!(2018/11)

f:id:ohzoratobio:20181031160748j:plain

こんにちは。大空トビオです。

今回は、トビオのじぶん年金ポートフォリオの見直し内容について紹介しておきます。大きな変更点は、ポートフォリオ銘柄数を10から15銘柄に増やした点です。

 

新しいじぶん年金ポートフォリオ『トビオコア15』(2018/11)

情報技術            アップル(AAPL)

                          マイクロソフト(MSFT)【追加】

金融                   HSBC(HSBC)

素材                   リオティント(RIO)

エネルギー        ロイヤルダッチシェル(RDS)

生活必需品        ゼネラルミルズ(GIS)【追加】

                          クラフトハインツ(KHC)

                          コカコーラ(KO)【追加】

                          プロクター&ギャンブル(PG)

                          フィリップモリス(PM)

ヘルスケア        グラクソスミスクライン(GSK)

                         ジョンソン&ジョンソン(JNJ)【追加】

通信サービス    AT&T(T)

公益事業           ナショナルグリッド(NGG)

不動産               iシェアーズ米国不動産ETF(IYR)【追加】

(資本財、一般消費財銘柄はなし)

 

まず、情報技術セクターでは、ポートフォリオ立ち上げ当初から加えたかったマイクロソフトMSFTを追加しました。ハイテク銘柄の中においては、増配継続中の貴重な銘柄と考えています。ここ最近NASDAQ銘柄は大暴落してますが、この銘柄は大きなマイナスを出さずにポートフォリオに加えることができました。期末の結果も良かったようで、先々も期待できそうです。

 

生活必需品セクターにおいては、ゼネラルミルズGISとコカコーラKOの2銘柄を追加しました。GISはハーゲンダッツのアイスクリームが保有ブランドとして有名です。KOは言わずと知れた連続増配銘柄。ポートフォリオのディフェンシブ性強化が追加の目的です。

 

ヘルスケアセクターでは、ジョンソン&ジョンソンJNJを追加しました。JNJは総合ヘルスケア事業としてはトップで、製薬だけではない点が気に入っています。配当利回りの絶対値は他の製薬メーカーと比べて見劣りするので、より配当利回りが高くて以前保有していたこともあったアッビィABBVと迷いましたが、着実な増配と企業としてのバランスの良さからポートフォリオへの採用を決めました。最近の株価下落基調の中でも強い値動きをしています。

 

最後に、不動産セクターとして、ブラックロックのiシェアーズ米国不動産ETFのIYRを加えました。米国不動産ETFとしては、IYR以外にもRWRやXLREがありますが、RWRよりも高リターンでXLREより組入銘柄数が多い点を考慮し選んでいます。

 

 

ポートフォリオ銘柄の配当月分散状況と平均利回り

銘柄を決める時には、各銘柄の配当月がどのようにバラつくかも多少考えています。じぶん年金としては特定の月に偏らない方が都合良いですから。各銘柄の配当月は以下の通りです。

 

AAPL    →   2・5・8・11月

MSFT   →   3・6・9・12月

HSBC   →   4・7・9・11月

RIO       →   2・8月

RDS      →   3・6・9・12月

GIS        →   2・5・8・11月

KHC      →   3・6・9・12月

KO         →   4・7・10・12月

PG         →   2・5・8・11月

PM         →   1・4・7・10月

GSK       →   1・4・7・10月

JNJ        →   3・6・9・12月

T             →   2・5・8・11月

NGG       →   1・8月

IYR          →   3・7・10・12月

 

従って、各月毎の配当金支払い件数でみると、

1月3件、2月5件、3月5件、4月4件、5月4件、6月4件、7月5件、8月6件、9月5件、10月4件、11月5件、12月6件

となり、まずまずの分散具合です。配当の月分散の点でも15銘柄あるとやりやすいですね。

また、ポートフォリオ全体の平均配当利回りは税込で約4.5%くらいです。

 

********************

以上、新しく見直したじぶん年金ポートフォリオ『トビオコア15』の紹介でした。

やはり、銘柄数を10から15に増やすと、セクター分散を効かせつつ重心を好みのディフェンシブ側に寄せたり、保有したい銘柄を諦めたりせずにポートフォリオを構成することができました。

なお、今回の銘柄数増加に関連する検討内容を以下の記事で紹介していますので、よろしければご覧下さい。 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

investment.tobio.cloud