トビオのじぶん年金便り📨

米国株🇺🇸、国内株🇯🇵、REIT、ソーシャルレンディングに投資しています。定年後生活への備えとして『じぶん年金💰』作りを目指します!

Jリートでは唯一の隔月分配ETF!【1345】上場インデックスファンドJリート隔月分配

f:id:ohzoratobio:20190502192419j:plain

JリートETFと言えば、東証REIT指数に連動するETFが最もポピュラーで、現在7種類が上場されていますが、今回はその中で唯一の隔月分配ETFである【1345】をご紹介したいと思います。

 

 

基本スペック

まずは【1345】の基本スペックを下表に示します。

f:id:ohzoratobio:20190502190121j:plain

【1345】は日興アセットマネジメントETFで、野村アセットマネジメントの【1343】に次いで早くに上場したETFです。

ベンチマークするインデックス『東証REIT指数』は、東証に上場するREIT全銘柄を対象とする時価総額加重方式のインデックスで、ほとんどのJリートETFやインデックスファンドはこれをベンチマークしている最もポピュラーなインデックスです。

上場は2008年10月21日ですので、もう10年以上の歴史があり、総資産総額も2,314億円あり十分な規模です。

出来高は【1343】ほど多くはありませんが、取引で困るほど少なくもないと思います。

売買単位が100口単位なので、現在の市場価格だと最小売買代金が約20万円以上になる点が一般的な個人投資家にとっては最大のネックでしょう。

コストに関しては、『東証REIT指数』をベンチマークするJリートETFの中では【1343】に次いで2番めに信託報酬が高いです。

【1345】の最大の特徴は、JリートETFの中では唯一隔月分配であるということです。分配頻度が年6回であるのと年4回とでは、体感的なありがたさが大きく違うと思います。

 

組入上位10銘柄

全62銘柄中の上位10銘柄を下表に示します。

10位までで全体の約45%を占めていますので、上位の大型銘柄集中傾向が強いです。

また、上位にはオフィス型や総合・複合型のリートが比較的多いです。これらは他の『東証REIT指数』をベンチマークするJリートETFすべてに共通して言えることです。

f:id:ohzoratobio:20190502190151j:plain

 

セクター構成

構成内容をセクターで分類したものが以下のグラフです。

ご覧の様に、Jリートは総合・複合型リートが約45%を占め、次が約23%を占めるオフィス型リートです。その総合・複合型もオフィス物件をメインにするものが多いので、半分以上はオフィスが占めていることになります。

f:id:ohzoratobio:20190502190856j:plain

 

パフォーマンス

分配金利回り

2019年4月26日の基準価額と直近1年間の分配金で算出した利回りは3.42%ですが、これまでの利回りの推移も見ておくと、以下のチャートが示すように、ここ数年は安定しています。

f:id:ohzoratobio:20190502190237j:plain
 

基準価額の騰落率

先程の分配金利回りと同期間における基準価額の騰落率は以下の通りです。ここ数年は比較的安定しています。

f:id:ohzoratobio:20190502190314j:plain

 

運用状況 

直近3年間における半期ごとの純利益・分配金・期末剰余金をグラフにすると以下のようになります。

純利益は案外デコボコしていますが、剰余金がたっぷりあるので分配金は安定しています。この先も多少の収益変動があったとしても、それが短期的であれば大きく分配方針が崩れることはなさそうに見受けられます。

実際に、2017/01〜2017/07の期は純利益がマイナスであったにも関わらず、分配金は安定して支払われていることが分かります。

f:id:ohzoratobio:20190502190336j:plain

 

まとめ

Jリートの代表的ETFの1つである日興アセットマネジメントの【1345】をチェックしました。

【1345】は10年以上の歴史がある2番目に古いJリートETFで、これまでの運用期間の中で蓄えた剰余金の規模も大きく、安定利回りが期待できそうなETFです。

信託報酬は他の同種のETFと比べると高めですし、何よりも最低売買代金が約20万円以上になるという点が一般的な個人投資家にとっては悩ましいですが、JリートETFの中では唯一の隔月分配という大きな特色も持ち合わせているETFです。

 

それでは、また!