トビオのじぶん年金便り📨

米国株🇺🇸、国内株🇯🇵、REIT、ソーシャルレンディングに投資しています。定年後生活への備えとして『じぶん年金💰』作りを目指します!

米国ETF【SPYD】におけるREIT銘柄/セクター構成の特徴とは?

f:id:ohzoratobio:20190408190720j:plain

米国株高配当型スマートベータとして幾つかの魅力的なETFが上場されていますが、その中の一つ、SPDR ポートフォリオ S&P500 高配当株式ETF【SPYD】は高配当型ETFの中で唯一REITを除外していないETFです。

今回は、ETF構成銘柄中のREITに焦点を当て、その個々の銘柄とセクター構成の特徴を探りたいと思います。

 

 

ファンドの概要

SPDR ポートフォリオ S&P500 高配当株式ETF【SPYD】は、『S&P500高配当指数(S&P 500 High Dividend Index)』への連動を目指すETFです。

 

基本スペック

  • 運用会社:State Street Global Advisors
  • インデックス:『S&P500 高配当指数(S&P500 High Dividend Index)』
  • 純資産総額:1,454 M USD
  • 組入銘柄数:80
  • 総経費率:0.07%
  • 設定日:2015年10月21日

(2019年4月4日時点)

 

インデックス『S&P500 高配当指数』とは?

『S&P500 高配当指数(S&P500 High Dividend Index)』とは、S&P Dow Jones Indices LLCが公表する指数で、配当利回りに基づき、S&P500指数の採用銘柄のうち配当利回り上位80銘柄のパフォーマンスを計測する指数です。構成銘柄はS&P500銘柄であることが条件ですので、米国の主要大型銘柄に限定して投資することになります。

他の【VYM】【HDV】【DVY】などの高配当型ETFはいずれもREITを除外していますが、これに対し【SPYD】は珍しくREITを除外しない高配当型スマートベータで、これが構成銘柄における【SPYD】の大きな特徴です。

また構成銘柄の加重方式が均等加重方式であることも特徴です。

 

【インデックスの特徴】

  • S&P500指数の構成銘柄(大型)
  • 配当利回り上位80銘柄
  • REITを除外しない
  • リバランスは年2回
  • 均等加重型

なお、【SPYD】のインデックス詳細やパフォーマンスについては、別記事にまとめていますので、よろしければご覧ください。↓

 

investment.tobio.cloud

 

構成銘柄

まず、ファンド構成上位10銘柄は以下の通りです。REIT銘柄も、3位、5位、9位に食い込んできています。

  1. Procter & Gamble Company 1.61%
  2. Pfizer Inc. 1.60%
  3. Realty Income Corporation 1.58%
  4. AES Corporation 1.52%
  5. Welltower Inc. 1.51%
  6. Verizon Communications Inc. 1.51%
  7. Entergy Corporation 1.51%
  8. FirstEnergy Corp. 1.50%
  9. UDR Inc. 1.50%
  10. American Electric Power Company Inc. 1.50% 

(2018年12月31日時点)

 

全80銘柄中のREIT銘柄は下表に示す19銘柄です。

f:id:ohzoratobio:20190408152757j:plain

REIT19銘柄でETF全体の約25%を占めています。

各銘柄の比率は、上位と下位とで多少の違いはあるものの、基本的に均等配分方式のインデックスなので大きな開きはありません。

上位は、ショッピングモールやショッピングセンターなど商業施設系(Retail)、高齢者向け施設や病院などヘルスケア系(Health care)、住宅系(Residential)に属するREIT銘柄が占めています。

 

セクター構成

ファンドのセクター構成は以下の通りです。

不動産セクター(REIT)が1位に来ています。それだけ配当利回りの高い銘柄が揃っているということでしょう。

  1. 不動産 24.87%
  2. 公益事業 22.81%
  3. 一般消費財・サービス 10.50%
  4. 生活必需品 9.06%
  5. エネルギー 7.79%
  6. 情報技術 5.63%
  7. 金融 5.49%
  8. コミュニケーション・サービス 5.17%
  9. ヘルスケア 4.24%
  10. 資本財・サービス 2.32%

(2018年12月31日時点)

 

不動産セクターの中を更にREITセクターに分類したものが以下のグラフです。

f:id:ohzoratobio:20190408160148j:plain

1位が商業施設系(Retail)、2位がヘルスケア系(Health care)、3位が住宅系(Residential)で、個別銘柄の順位と同じです。

4位に貸倉庫(Self-storage)が来ているのは面白いですね。日本でもトランクルームが増えていますが、アメリカの方が先進国です。

意外だったのは、まずオフィス系(Office)が8位と低い点です。銘柄数では19銘柄中1銘柄です。J-REITと同じ様にオフィス系はもっと上位に来るものと思っていました。

更に倉庫や配送センターなど物流系(Industrial)や、ホテル・リゾート系(Lodging/Resorts)が含まれていません。

 

以上のセクター構成の特徴から言えることとして、【SPYD】でREITに投資する場合の弱点は、REIT銘柄数が少ないためセクター構成に偏りが生じ易いことです。

 

まとめ

SPDR ポートフォリオ S&P500 高配当株式 ETF【SPYD】は、米国を代表する大型株であるS&P500の構成銘柄のうち配当利回りの高い上位80銘柄に均等に投資するETFですが、高配当型スマートベータの中では唯一REITにも投資できるETFです。

高配当パフォーマンスの魅力に加え、これ1本で通常株式とREIT分散投資できる便利さも兼ね備えています。

ただし、【SPYD】でREITに投資をする場合の弱点は、REIT銘柄数がどうしても少数になるため、セクター構成に偏りが生じ易いことです。

したがって、本格的に米国REITに投資するには不向きかもしれません。あくまで、高配当利回りと通常株式に対する分散効果を狙った手段としてのREIT投資という位置付けでしょう。

 

それでは、また!