トビオのじぶん年金便り📨

米国株🇺🇸、国内株🇯🇵、REIT、ソーシャルレンディングに投資しています。定年後生活への備えとして『じぶん年金💰』作りを目指します!

日本株vs米国株、2019配当貴族レース!6ヶ月目までの途中経過は?

f:id:ohzoratobio:20190427220710j:plain

こんにちは。トビオです。

今年の1月から、NISA口座で楽天カードのクレジット決済による投信積立を始めました。積立商品として配当貴族指数に連動する投信2種を選び、その運用状況を『配当貴族レース』と称して、当ブログで紹介しています。

今回はスタートから6ヶ月目までの途中経過です。

 

 

配当貴族の紹介!

🇯🇵日本配当貴族:【SMT日本株配当貴族インデックス・オープン】積立月額25,000円

競い合う投信の日本代表の概要は以下の通りです。

  • ベンチマーク】『S&P/JPX配当貴族指数』:TOPIXの構成銘柄のうち、10年以上にわたり毎年増配しているか、または安定した配当を維持している銘柄を対象とし、配当利回りにより加重され算出される指数。構成銘柄数は50銘柄。
  • 【委託会社】三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社
  • 【純資産総額】22.81億円(2019年7月3日)
  • 【信託報酬】0.4536%(税込)
  • 【設定日】2016年8月30日

 

🇺🇸米国配当貴族:【野村インデックスファンド・米国株式配当貴族】積立月額25,000円

相手となる米国代表の概要は以下の通りです。

  • ベンチマーク】『S&P 500 配当貴族指数』:S&P 500 指数の構成銘柄のうち、25年以上連続で増配している銘柄を対象とし、均等加重により算出される指数。構成銘柄数は最低40銘柄。
  • 【委託会社】野村アセットマネジメント株式会社
  • 【純資産総額】75.8億円(2019年7月3日)
  • 【信託報酬】0.54%(税込)
  • 【設定日】2017年1月10日

 

運用状況

積立総額

f:id:ohzoratobio:20190704181059j:plain

両者とも年初に25,000円ずつの積立でスタートし、今で両者とも150,000円ずつ拠出していますが、6月末における評価額は、上のグラフに示す通り米国配当貴族が少しリードしています。

次にプライスリターンの推移です。

 

プライスリターン推移

f:id:ohzoratobio:20190704181144j:plain

1月は昨年末の株価急落からの反発にうまく乗って、🇯🇵🇺🇸両者ともなかなか良いスタートを切りました。

その勢いに乗った🇺🇸米国配当貴族ですが、3月から4月には早くも勢いが止まってしまい、5月に入るとリターンを吐きだしました。6月に入り少し持ち直し、6月末の騰落率は+3.9%まで戻しました。

一方、🇯🇵日本配当貴族は、2月には早くも失速し始め、3月、4月、5月とどんどん下がって、5月末の時点で遂に−5%のマイナスリターンとなってしまいました。6月に入り少し持ち直しましたが、いまだ騰落率は▲2.6%です。

両者とも、米中貿易摩擦の影響を引きずっています。

 

2019/01〜06の日本配当貴族騰落率

日本配当貴族銘柄について、この6ヶ月(2019/01〜06)の騰落率順に並べたものが以下のグラフです。

f:id:ohzoratobio:20190704181314j:plain

上位銘柄の騰落率に はなかなかのものなのですが、騰落率がプラスの銘柄と同じだけマイナスの銘柄があり、足を引っ張っています。残念ですね。

 

2019/01〜06の米国配当貴族騰落率

米国配当貴族銘柄について、この6ヶ月(2019/01〜06)の騰落率順に並べたものが以下のグラフです。

f:id:ohzoratobio:20190704181345j:plain

先ほどの日本配当貴族銘柄とは違って、米国配当貴族銘柄の大半がプラスの騰落率です!

このあたりが日米配当貴族の実力の差なのでしょう。

 

まとめ

スタートからちょうど半年の段階では、🇺🇸米国配当貴族【野村インデックスファンド・米国株式配当貴族】が+3.9%、🇯🇵日本配当貴族【SMT日本株配当貴族インデックス・オープン】は▲2.6%という成績でした。

米国配当貴族と日本配当貴族とでは、ずいぶん実力に差があるようです。

 

なお、上記投信2本の詳細については、それぞれ別記事にて紹介していますので、よろしければご覧ください。↓

 

investment.tobio.cloud

 

investment.tobio.cloud

 

それでは、また!