トビオのじぶん年金便り

定年後の生活に備えて米国株に投資しています。高利回りのポートフォリオで自分年金作りを目指します!

株式投資で定年後に備えよう! トビオのじぶん年金作り!

f:id:ohzoratobio:20180924215525j:plain

こんにちは。大空トビオです。仕事はメーカー勤務のサラリーマンです。

 

唐突ですが、サラリーマン定年後の生活を考えた時、公的年金だけでは心もとないですよね?

昨今、右を向いても左を見ても、死ぬまで元気で働こう!という風潮ですが、できれば少しでも早くリタイアして、ゆったり暮らしたいものです。そのため、先々の生活資金を現役時代に蓄えようと、誰しもが貯蓄に励むと思います。また、あくせく働いて蓄えるだけでなく、できれば早いうちから不労所得を少しでも増やせないものか、とも考えるかもしれません。

トビオも、まさしく、そのひとりで、じぶん年金作りを決意しました!

手段の1つに株式投資がありますが、株ってどうやればうまくいくのか、色々と調べることや、考え悩んだりすることが多いと思います。なけなしのお金が減っていくのは見たくないですもんね。

このブログでは、現在進行形ではありますが、トビオが自分の投資経験の中で考えたことを一例として紹介していこうと思っています。投資のプロではないので、間違っていることや、おかしいこと、正確でないことがあるかもしれませんが、その点は何卒ご容赦ください。

 

それでは、トビオのじぶん年金便りをスタートします。第1回目は、トビオの自己紹介と投資の基本方針についてです。

 

自己紹介

トビオはサラリーマン定年が数年ほど先にチラチラしだした頃になって、遅ればせながら株式投資に本格的に取り組み始めました。投資における最重要ファクターの一つである投資期間が、自分にはあまりないということに、少々焦りを覚えています。

これまでも若い頃から、投資信託→国内株→国内ETFと、幾つかの金融商品に軽くは手を出してきましたが、自分の奨学金返済、一男一女の子育て・教育、家のローン返済と、高コストの人生イベントが続いてきたため、本格的に投資へ資金を投入することはできず、また投資に関する勉強もあんまりしなかったので、大きな実りを得るところまでには至りませんでした。大きな損失も出さなかったけど、それほど儲かりもしなかったといった感じです。今は子供二人も社会人となり、最近になってようやく月々の給料やボーナスを投資に回す余裕が出てきました。

というわけで、投資経験は、まだまだ初心者といったところです。

 

米国株に投資しよう!

投資方針というほどスゴイものはないですけど、今は主に米国株を中心に、高配当再投資を実行しています。

世の中にはいろいろな投資商品がありますが、今のところ着実に成長している米国株が最良と考えています。日本株にも少しは投資していますが、為替の影響でコロコロ変動するので、安定度の点では見劣りします。ですので、日本株については、ポートフォリオ銘柄選択における優先度を下げています。

高配当再投資のポートフォリオに関しては、個別銘柄でいくかETFでいくか悩みました。この点は誰しもが悩むところだと思います。トビオは、基本は個別銘柄で揃えています。配当利回りを追求することを優先する場合、それの方が良いと考えたからです。ポートフォリオの銘柄数が少ない場合には、ETFも加えて補完するというやり方はありだと思います。

個別銘柄での成長株投資については、積極的にはやらないつもりです。これまでにもNASDAQのいくつかの個別銘柄に手を出したことはありますが、値動きが激しく、勝ち馬を選び切ることは、情報・経験・決断力に自信がない場合には、なかなか難しいと感じます。

なお、ETFや投資信託なら分散が効いているし銘柄選定も不要なので、多少なら成長株もありかもしれません。

 

********************

今回のブログでは、最初なので、自己紹介と投資の基本方針について書きましたが、次回は、もう少し具体的なポートフォリオの内容について書きたいと思います。

 

まずはここまで読んでいただき、ありがとうございました。