トビオのじぶん年金便り📨

米国株🇺🇸、国内株🇯🇵、REIT、ソーシャルレンディングに投資しています。定年後生活への備えとして『じぶん年金💰』作りを目指します!

【第11回 じぶん年金便り】2019年8月末の運用状況

f:id:ohzoratobio:20190902075557j:plain

こんにちは。トビオです。

2019年8月末時点の『じぶん年金』運用状況を報告します。

 

 

運用資産総額

8月末時点の『じぶん年金』運用資産総額は、約1,484万円で、前月比+19万円(+1.3%)となりました。

内訳は、米国株が約1,054万円、日本株が約75万円、REIT(リート)が75万円、債券が約150万円、ソーシャルレンディングが約115万円、現金その他が約15万円です。

f:id:ohzoratobio:20190904010109j:plain

 

アセット比率

8月末時点における各アセットの比率は以下の円グラフに示す通りで、米国株中心の運用に変わりはありません。

f:id:ohzoratobio:20190904010137j:plain

 

配当収入

米国株

米国株の配当収入のグラフを以下に示します。

8月の米国株配当金収入は17.70 USDでした。

【AAPL】からいただいたものです。

f:id:ohzoratobio:20190904010219j:plain

 

日本株

日本株からの配当収入については、持株会と投信しか現在保有していないので、ここでカウントする分としては以下のグラフに示す通り0円です。

f:id:ohzoratobio:20190904010301j:plain

 

ソーシャルレンディング

8月のソーシャルレンディングからの分配金収入は2,850円でした。

f:id:ohzoratobio:20190904010327j:plain

 

ポートフォリオ状況

全体

ポートフォリオ全体は以下の円グラフに示す通りです。

8月の比率第1位はコアETFの【VOO】です。

第2位と第3位はいずれも企業型確定拠出年金保有している外国株式ファンドと外国債券ファンドです。

f:id:ohzoratobio:20190904010403j:plain

 

外国株

外国株ポートフォリオだけの円グラフを以下に示します。

外国株ポートフォリオの中で、【VOO】はコアとして、【SPYD】はサブとしての位置付けです。

【SPYD】は、高配当型スマートベータの中では比較的配当が高いので配当狙いで保有しています。

f:id:ohzoratobio:20190904010616j:plain

関連記事もありますので、よろしければご覧ください。↓

 

investment.tobio.cloud

 

国内株

国内株は【SMT日本株配当貴族】と【持株会】の2銘柄で、個別銘柄については、今のところ増やすつもりはありません。

日本株については、限られた資金で分散を図りたいため、インデックスファンドに投資しています。

f:id:ohzoratobio:20190904010652j:plain

なお、【SMT日本株配当貴族】は、米国株配当貴族と比べると連続増配年数には見劣りしますし、インデックスの内容から判断すると高配当寄りのようです。別記事がありますので、よろしければご覧ください。↓

 

investment.tobio.cloud

 

REIT(リート)

REITについては、Jリートは【ニッセイJリート・インデックスファンド】、米国リートはETF【XLRE】です。

【XLRE】は5G通信を支えるインフラ系REITの比率が比較的高く、その成長性に期待して選択しました。

f:id:ohzoratobio:20190904010833j:plain

関連記事もありますので、よろしければご覧ください。↓

 

investment.tobio.cloud

 

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングについては、以下の円グラフに示すように、7つの事業者にバランスと評判を勘案しながら投資しています。

f:id:ohzoratobio:20190904010947j:plain

ソーシャルレンディングは、株価のように市場価格変動に一喜一憂することなく、デフォルトさえなければ高利回りで資産が増やせる点に魅力を感じており、投資資金の一部を割いています。

昨年末から始めたばかりですが、関連記事もありますので、よろしければご覧ください。↓

 

investment.tobio.cloud

 

まとめ

8月は残念ながら『じぶん年金』運用総額をそれほど増やすことはできませんでした。入金をもう少し増やしたいですね。

 

それでは、また!