トビオのじぶん年金便り📨

米国株🇺🇸、国内株🇯🇵、REIT、ソーシャルレンディングに投資しています。定年後生活への備えとして『じぶん年金💰』作りを目指します!

ソーシャルレンディングの複数口座を一括管理する方法! クラウドポート【マイ投資レポートβ】の紹介!

f:id:ohzoratobio:20181224235150j:plain

こんにちは。トビオです。

 

今回は、ソーシャルレンディングの複数口座を一括管理するための方法として、クラウドポートの連携システム【マイ投資レポートβ】を紹介したいと思います。

 

 

クラウドポートの【マイ投資レポートβ】とは?

これまでにも、【クラウドポート】自体は記事の中で何回か紹介してきましたが、簡単におさらいしておくと、【クラウドポート】というのは、ソーシャルレンディング事業者や募集ファンドを横断的に比較紹介したり、ソーシャルレンディングに関するニュースや業界分析などの情報を発信している運営会社です。↓

 

crowdport.co.jp

 

【マイ投資レポートβ】は、【クラウドポート】のサイト上で、ユーザーがソーシャルレンディングの口座を登録連携しておくと、投資先事業者、投資金額、ファンドの状況等が一覧できるサービスです。

銀行や証券口座、クレジットカードを連携する家計簿ソフトがありますが、それのソーシャルレンディング版といったイメージのものです。

 

登録連携できるソーシャルレンディング事業者がまだ少ない!

実際に入力してみたところ、登録連携できるソーシャルレンディング事業者は現時点ではまだ6社(SBIソーシャルレンディング、クラウドバンク、ラッキーバンク、オーナーズブック、トラストレンディング、クラウドクレジット)にとどまっています。ソーシャルレンディングに特化したサイトなのであれば、主だった事業者については網羅してほしい気がしました。

「ソーシャルレンディングはこのサイトを見れば全体を把握できる」というのが、連携サイトの最も重要なポイントであるとトビオは考えています。登録できない口座がひとつでもあると、資産管理ソフトとしては使い勝手がガクッと低下すると思います。(連携先登録画面↓)

 

f:id:ohzoratobio:20181225080610j:plain

 

  現時点は、家計簿アプリの【マネーフォワードME】の方がはるかに多くのソーシャルレンディング事業者と連携できて実用的です。

もともと、クラウドポートが提供しているソーシャルレンディング情報は6社よりも多くて充実しているので、【マイ投資レポートβ】についても連携可能な事業者数が充実することを期待したいと思います。

 

【マイ投資レポートβ】の画面はこんな感じ!

『現在の投資状況』の表示画面では、現在の投資金額→現在の投資中金額とデポジット金額→現在投資中のファンド一覧→受取金額の時系列グラフといった順で表示されています。(表示例↓)

 

f:id:ohzoratobio:20181225010051j:plain

f:id:ohzoratobio:20181225010420j:plain

f:id:ohzoratobio:20181225010521j:plain

 

(画面では更に、現在投資中のファンド一覧→受取金額の時系列グラフ、と続いていきますが省略させていただきます。🙇‍♂️)

 

円グラフはタッチすると分離する様になっていますが、グラフの並び順を変更したりはできないようです。(表示例↓)

 

f:id:ohzoratobio:20181225010615j:plain

 

また、ファンドをタッチすると、個々のファンドの詳細画面に跳び、予定償還日や当初予定利回り等を確認できます。個々のサイトを見に行かなくても良いのは便利ですね。(表示例↓)

 

f:id:ohzoratobio:20181225010709j:plain

 

まとめ

名前に“β”と付いていますので、まだまだこれから進化していくサービスなのでしょう。登録連携できる口座が増え、グラフや表の並べ替え等の便利機能が追加されるなど、今後さらに充実していくことを期待したいと思います。

また、クラウドポート自体が第二種金融商品取引業の免許を取得したというニュースもあり、新規サービスの提供も予定しているとのことですので、それも大いに楽しみです!

 

それでは、また!