トビオのじぶん年金便り📨

米国株🇺🇸、国内株🇯🇵、REIT、ソーシャルレンディングに投資しています。定年後生活への備えとして『じぶん年金💰』作りを目指します!

『100億円あげちゃうキャンペーン』の後もPayPayをお得に活用し続ける方法!

f:id:ohzoratobio:20181215162949j:plain

こんにちは。トビオです。

 

いや〜、PayPayの『100億円あげちゃうキャンペーン』は、すごかったですね!

 

あっという間に終わってしまいましたが、この先、PayPayを使う人はどれほどいるのでしょうか。

 

でも、実は‥‥

 

 

まえがき

キャンペーン終了後もPayPayをお得に活用し続ける方法があります。今回はそれをご紹介したいと思います。

 

PayPayには、チャージ残高不足の時には連携したクレジットカードから支払金額をチャージする機能がありますよね。基本的にはそれを活用します。

 

方法①『PayPayにKyashを連携し、Kyashに楽天カードを連携することで、3.5%還元!』

この様に多重連携することで、『PayPay支払による0.5%還元+Kyash利用による2%キャッシュ還元+楽天カード利用による1%ポイント還元』の計3.5%還元というメリットが得られます!

 

Kyashとは、VISAカード加盟店で使えるプリペイド式の決済方法で、そのメリットは2%キャッシュバックという際立った高還元率!

リアルカードとアプリで使うバーチャルカードの2種類あって、1回の利用限度額が、リアルカードが5万円、バーチャルカードが3万円です。

 

kyash.co

 

楽天カードは、高還元のクレジットカードとしてお馴染みの必携カード。ここで注意が必要なのは、楽天カードのうちで国際ブランドがVISAかMasterに限定されることです。KyashにはJCBは連携できません。

トビオは楽天カード使いなので、Kyashへの連携には楽天VISAカードを選びましたが、もちろん楽天カードの代わりに他の高還元率のクレジットカードをKyashに連携しても大丈夫です。

 

www.rakuten-card.co.jp

 

方法①では、買い物の支払額がKyashの1回の利用限度額(リアルカード5万円、バーチャルカード3万円)までに限定されます。

また、楽天経済圏の住人なら、楽天ポイントを少しでも多く貯めるために、楽天カードに支払いを集中させたいと考えていると思います。

その場合には、次の方法②もやっておくと良いでしょう。

 

方法②『PayPayに楽天カードを直接連携することで、1.5%還元!』

こうしておくことで、『PayPay支払による0.5%還元+楽天カード利用による1%ポイント還元』の計1.5%還元となります。街中での買い物の場面で、楽天カードでの支払い額を減らすことなく、楽天カードで直接支払うよりも0.5%お得になります。

また、Kyashを間にかまさないので、利用限度額の問題は基本的にありません。

ここでも注意が必要なのは、楽天カードのうちで国際ブランドがVISAとMasterに限定されることです。現時点でPayPayにJCBは連携できないからです。

 

********************

上記①および②の方法を支払い金額によって使い分けることで、PayPayを今後も使い続けながら、多重還元のメリットを得ることができます!

皆さんも、試してみてはいかがでしょうか?

 

では、また!