トビオのじぶん年金便り

定年後の生活に備えて米国株に投資しています。高利回りのポートフォリオで自分年金作りを目指します!

【再び、今日は何の日?】12月12日は、楽天カード決済の投信積立を1月からスッキリ始めるための申込締切日です!

f:id:ohzoratobio:20181212094352j:plain

 

こんにちは。トビオです。

12月12日が、何の日か知っていますか?

そう、楽天証券でカード決済の投信積立を来年1月からスッキリ始めるための申込締切日です!

 

【目次】 

 

楽天カード決済による投信積立申込は毎月12日締め

楽天証券での楽天カード決済による投信積立のしくみ自体は、この12月積立分から始まっており、楽天カード決済ゆえ買付金額の1%の楽天ポイントが獲得できるので、大変人気のしくみです。

 まだ積立設定するのを忘れている方は、新年の最初からカード決済による投信積立をスッキリと始めることができますので、遅れないように手続きされることをお薦めします!

 

という訳で、トビオも締切日12月12日当日の今日、積立最大枠50,000円のうちの残り25,000円分の積立設定を行いました。買い付ける投信は、【野村インデックスファンド・米国株式配当貴族】です!

 

昨日、先に設定した【SMT日本株配当貴族インデックス・オープン】25,000円分に続き、またしても『配当貴族』です。来年1月から米国の貴族と日本貴族を競わせるつもりです!

 

【野村インデックスファンド・米国株配当貴族】の概要

 本投信の概要は以下の通りです。

 

【ベンチマーク】

     『S&P 500 配当貴族指数』

S&P 500 指数の構成銘柄のうち、25年以上連続で増配している銘柄を対象とし、均等加重により算出される指数。構成銘柄数は最低40銘柄。

 

【委託会社】         野村アセットマネジメント株式会社

 

【投信の純資産】  64.5億円

 

【信託報酬】         0.54%(税込)

 

【配当利回り】     2.5%

 

【運用実績の推移】 インデックスは設定日=10,000として指数化

f:id:ohzoratobio:20181212104940j:plain


【組入上位10銘柄】

f:id:ohzoratobio:20181212105256j:plain

 

(上記データは、委託会社の2018年10月31日マンスリー・レポートから引用しています)

 

・米国の『配当貴族』指数は連続増配が25年ですから、日本の『配当貴族』の10年よりも格段に長く、正に『貴族』の名に相応わしい指数です。日本だと花王くらいしかありませんので、米国企業がいかに配当を重要視しているか、株主を重要視しているかが判ります。

 

・信託報酬が0.54%と高めですが、『貴族』ですからトビオは許します。

 同様のインデックスをベンチマークとするものに、他に『SMT米国株配当貴族インデックス・オープン』がありますが、純資産では野村の方が10倍近く多いので、トビオは野村を選びました。

連続配当系のETFでバンガードから『VIG』、ステート・ストリートから『SDY』があります。『VIG』は連続増配10年以上、『SDY』は連続増配20年以上です。

 

・基準価格についても、変動はあるもの上昇傾向です。今後、経済環境が下降傾向となっても、連続増配企業が持つ粘り強さを発揮してくれるものと期待しています。

 

・組入上位銘柄には米国民の日常生活に密着している銘柄が並んでおり、日本人にも馴染みのあるものも含まれていますね。

 

********************

これで来年からは、毎月の楽天ポイント獲得数が500ポイント伸びます!

楽天経済圏のメリットの最大化を目指します!

 

それでは、また!