トビオのじぶん年金便り

定年後の生活に備えて米国株に投資しています。高利回りのポートフォリオで自分年金作りを目指します!

本の紹介

ソーシャルレンディングは怖くない! 本の紹介:『みんなと幸せになるお金の使い方「ソーシャルレンディング」という新しい投資のカタチ』妹尾賢俊著

こんにちは。トビオです。 最近、トビオは株式投資以外にソーシャルレンディングという新しい投資を始めたのですが、その関連本をご紹介します。 【目次】 本のタイトル、著者 ソーシャルレンディングは怖くない! 日本で最初のソーシャルレンディング運営会…

一問一答で投資に関する誤解が解ける! 本の紹介:『資産運用実践講座』山崎元著

こんにちは。トビオです。 久しぶりに、本の紹介をしようと思います。 世の中には、手っ取り早く投資の基本や具体的な投資法が手に入るハウツー本や、投資における心構えやスタイルなどが身につく啓蒙本など、数多くの投資本が出版されていますが、少し毛色…

敗者のゲームから勝者のゲームへ! 本の紹介: 『インデックス投資は勝者のゲーム THE LITTLE BOOK OF COMMON INVESTING』ジョン・C・ボーグル著

こんにちは。トビオです。 インデックス投資を薦める本を再び紹介します。 【目次】 本のタイトル、著者 「敗者のゲーム」VS.「勝者のゲーム」? ファンドにおける経費率、回転率の重要性 複利リターンというマジックと複利コストという暴君 ファンドマネー…

個人投資家にとってポートフォリオ銘柄数は幾つが適切か?

こんにちは。トビオです。 適切なポートフォリオ銘柄数について考えます。 【目次】 はじめに ベンジャミン・グレアム:10〜30銘柄 ウォーレン・バフェット:(プロ)5〜10銘柄、(素人)インデックス ピーター・リンチ:小さめのポートフォリオでは3〜10銘…

株式市場に勝とうとすることは無意味!? 本の紹介:『敗者のゲーム Winning the Loser’s Game』チャールズ・エリス著

こんにちは。トビオです。 今回は、またまた有名な投資本の紹介です。 【目次】 本のタイトル、著者 「敗者のゲーム」とは? 運用における「時間」の重要性 本のタイトル、著者 『敗者のゲーム Winning the Loser’s Game』 チャールズ・エリス著 日本経済新…

ETFを組み合わせて作る自分好みのポートフォリオ! ETF投資の指南書: 『ETFはこの7本を買いなさい』朝倉智也著

こんにちは。トビオです。 今日は、株や債券のETFをこれから買ってみようかなぁと思っておられる方、特に海外ETFを中心にポートフォリオを作ることを検討されている方が最初に読む本として最適だと思う本を紹介しましょう。 【目次】 本のタイトル、著者 本…

株式投資で市場平均以上のリターンを得るには? シーゲル派投資の必読書:『株式投資の未来 The Future for Investors』ジェレミー・シーゲル著

こんにちは。トビオです。 今回は、配当再投資戦略に基づき長期資産運用を進めるシーゲル派の株式投資家にとって、バイブルと呼ばれている本を紹介します。 【目次】 本のタイトル、著者 長期投資で市場平均以上のリターンを得るための基本原則と投資家の取…

シーゲルからの長期投資3つの教え! 株式投資の必読書:『株式投資 Stocks for the Long Run』ジェレミー・シーゲル著

こんにちは。トビオです。 今日は、株式の長期投資におけるポイントを学べる本を紹介します。 【目次】 本のタイトル・著者 シーゲルからの長期投資3つの教え 読み方、関連本など 本のタイトル・著者 『株式投資 Stocks for the Long Run』 ジェレミー・シ…